日常

歯ぎしり用マウスピースを作りました

2019-11-27

grind-teeth

寝ているときは気付かないけれど、実は歯ぎしりで歯が削れていたみたいです、私。

マウスピースって必要?

歯ぎしりする方は必要です。守らないと歯が削れてしまうらしいので、歯ぎしりしてると誰かに言われたことがある方は要注意。歯医者さんに行った際、歯科助手の方が「私も削れてて…と歯を見せてくれたのですが、一部が凹んでいてびっくりしました。

私がマウスピースを作った経緯

社会人になって1年がたとうとしていた頃、歯が痛いな~と思って歯医者さんへ。そこでお医者さんに言われたのが、「歯がめちゃくちゃ削れてます。マウスピースを作りましょう」。虫歯はなかったけど、噛みしめたり?で痛いのかもと言われました。その頃の私はストレスがとてもすごかった時期で、寝ているときにたくさん歯ぎしりしていたようです。

噛み合わせ抜群!歯医者さんのマウスピース

歯医者さんでの検診の流れのまま、マウスピースを作る私。口を開けて、ピンク色のねちょっとしたものを上あごにくっつけます。そのまま少し待ってくださいね~と言われ、口を少し開いたまま目の前にいるテレビをぼーっと見て待ちました。少し経った後、固まったピンク色の型をぱこっと外しておしまい。

tooth-form

マウスピースができた約1週間後、再び歯医者さんに行きました。透明でぴかぴか、とてもきれいです。ハードタイプだったので、装着をして、お医者さんが噛み合わせの確認をしてくれます。噛み合わせを調整してくれて、完成。噛み合わせばっちり!

マウスピース、ソフトタイプとハードタイプどっちがいいのか

私の通っているところでは「ハード」「ソフト」の2種類から選べました。2種類とも作ったことがありますが、私()のイメージはこんな感じ。

  • ソフト:ぷにょぷにょ。付け心地がソフトですが、私は穴が早く開きました。
  • ハード:かちかち。歯にカチッとはまりますが、気になって夜中に外してしまう方もいるみたいです。

個人的には「ハード」が好みでした。理由は、カチッとはまって安心感があるから。ハードはがちっと「はまってます!!!マウスピースです!!!」という感じですが、ソフトは、控えめに「マウスピースですよ」と主張する感じ。私はソフトのふにゃふにゃ感が楽しくて、下の歯がソフトタイプのマウスピースに当たる感覚を楽しんで噛みしめることが多くありました。よくないね。

試しに市販を買ってみた

今使っているマウスピースは3代目。1代目ハード、2代目ソフトと歩んできましたが、2代目タイプに穴が開いたとき、また歯医者さんに行くと5,000円ぐらいかかっちゃう…と思ってなかなか予約するに至らず…試しに市販のマウスピースを買ってみることにしました。東急ハンズにて、オーラルトゥースガードなるものをゲット。

mouthpiece

鏡付きケースと、マウスピース2つ。作成方法は簡単で、適当な入れ物に水とマウスピースを入れてラップをぴちっとはって、電子レンジでチンするだけ。記載通りの時間、電子レンジで温めます。1分とかだったような。

microwave

お箸で取り出して、上あごにはめて、型取り。1回目、温める時間が足りず、少ししか型が付きません。2回目、今度は温めすぎて、縮んでしまって、奥歯まで足りません。諦めてもう1つで再チャレンジ。記載の時間プラス30秒程度温めると、今回はいい感じにふにゃふにゃになりました。ただやっぱり少し縮んでしまったので、上あごにくっつけつつ、指で奥に奥に型取りを流して、完了。冷めるとすぐに固まります。

2回目は上手く型が取れて、びっくり!電子レンジでチンするだけで、自分の歯形がそこにできるんです。ただうまく型を取れたとは言っても、はめるといまいちでした。型取りが分厚くて、唇が閉じれないんです。

cant-close-mouth

こんな感じで、口が全部閉じません。余計な部分をはさみで切って切り口をドライヤーで温めて丸くしてね、みたいに書いてありましたが、長さではなく、厚みの問題。少しずつ切ってまた温めて型を取って、と繰り返せば上手くいくかもしれませんが、大変なので諦めてしまいました。2回ほど装着して寝てみましたが、違和感があるからか2回とも寝ている間に外していました。

市販のマウスピース作成は根気が必要

結局すぐに歯科医院を予約して、ハードタイプのマウスピースを作りました。今回初めて市販のものを買ってみて、改めて歯科医院で作成するマウスピースの良さを実感しました。自分の歯形にぴったり、薄くてはめたときのストレスがないんです。人によるとは思いますが、少なくとも私は、歯科で作ってもらったマウスピースを勝手に外していたことはありません。

市販は、安いかつすぐ手に入るという点を除けば、あえて選ぶ理由を見つけられませんでした。ただ、1,000円程度でケースとマウスピース2つ(しかも電子レンジで加熱するだけという手軽さ!)を手に入れられるのはすごい。市販のものはもう買わないけど、1回試してみて良かったです。手軽に試せる値段ですが、嚙み合わせが変になって歯に影響するかもしれないことを忘れずに。

-日常